お金

【貯金】社会人1年目から「月10万円」を貯金する方法を教えます!20代のサラリーマン向け

この春から晴れて新社会人になった人も多いかと思います。

増え続ける社会保障費のせいで手取り額も少なく、正直貯金まで手が回らないといった声もあるかと思いますが、私は社会人1年目から月10万円を貯金に回していました!

手取りなんて15万円前後でしたが、10万円を貯金に回していた秘訣を紹介しようと思います。

月10万円を貯金する方法

1か月に掛かる固定費を把握する

まず基本的なことですが、節約や貯金をする上で大事なのは「固定費」を減らすことです。投資のステップに進むためにも自由に使えるお金を確保しなければどうにもなりません。

おすすめの方法は家計簿アプリです。

誰でも簡単に無料で使える!おすすめの家計簿アプリ2選このブログでは様々な形の「資産運用」に関する記事を書いていますが、まずは「節約&貯蓄」をしっかりとしていくために、自分自身がどん...

最近の家計簿アプリでは支払いをキャッシュレスにすることで、クレジットカードの明細情報を読み込んで自動的に支出を振り分けてくれます。

たぶんですが、お金がないと困っている人は、何にいくら使っているかを把握出来ていなかったり、その支出が当然だと決めつけてしまっている人が多いです。

家計簿アプリを使えば、簡単に支出を把握することが出来るため、まずは家計簿を付けてみましょう。

「ムダ」を削ろう

固定費を洗い出すことが出来たら、次は削れそうな「ムダ」を削っていきます。

ムダに高い家賃、ムダに払っている月額サービス、ムダな人付き合い、ムダに高い外食。

片っ端からムダの断捨離をしていきましょう。

例えば携帯代であれば、月2,000円代に抑えることは十分可能です。

当たり前に払っている「固定費」に疑問を持つことが大事です。

支払いはクレジットカードを基本に

毎月の家賃や光熱費はもちろん、支払いをすべてクレジットカードにすることもおすすめです。

先述の家計簿アプリでの支出の把握に一役買ってくれるだけでなく、クレジットカードのポイントは馬鹿にならないため、年間で1万円程度のポイントになることもあります。

また、特に最近では楽天ポイントやdポイントが広く普及しており、ポイントのみで買い物が出来ることが多いです。

【2018年版】もう迷わない!学生や新社会人におすすめしたいクレジットカード4選クレジットカードを作ってみたいけどどれにしたら良いか分からないといった方向けに、私が実際に使っているおすすめのクレジットカードを紹介した...

積立定期預金を活用しよう

余裕が出来たら積立定期預金を利用するのも手です。

金融機関によりますが、1,000円程度の少額から始めることも出来る上に、3か月程度の短い期間も指定することが可能です。

口座を分けることによって徐々に貯まっていく実感も得ることが出来ると思います。

身の回りのお金を知ろう

貯金をするにはまず身の回りのお金を知ることが大事です。

その上で固定的に掛かっている支出を見直し、自由に使えるお金を確保することが第一歩です。

実際に社会人1年目から「月10万円」の貯金を始めてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ハヤタカ
ハヤタカ
インターネットが大好きな神戸市在住の会社員兼ブロガー。投資・節約やライフハックについてのブログを書いています。モットーは常識を疑うこと。