投資・貯蓄

【最新版】サルでもわかる「ふるさと納税」の仕組みと実際の手続きを解説

例年人気が急上昇している「ふるさと納税」。メリットばかりのこの制度ですが、私も毎年欠かさずに手続きをしています。

ほとんどの人は聞いたことがあると思いますが、

仕組みや手続きの方法がよく分からない。
自分には関係がなさそう。

と、実際に利用している人は少数なのかもしれません。

そこで、この記事では「ふるさと納税」に興味があり、始めてみようと思っている人に向けて制度の仕組みや実際の手続きの方法を解説します。

ふるさと納税の仕組みって?

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体(都道府県・市町村)に寄附を行うと、寄附額のうち2,000円を超える部分について、所得税と住民税から税金の控除が受けられる制度です。

元々は、就職等で故郷を離れてしまった人が、生まれ育った自治体(都道府県・市町村)に納税出来る制度があったら良いかも、という意見から制定されました。故郷に限らず、好きな自治体を選ぶことが出来ます。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税は、下記のようにとてもたくさんのメリットがある制度です。

  • 税金の控除が受けられる
  • 寄附のお礼として地域の特産品(返礼品)を貰える
  • 生まれ育った地域や、応援したい地域へ貢献が出来る

税金の控除が受けられる

ふるさと納税は、そもそもは「寄附」です。

ただし、寄附額のうち「2,000円」を超える部分について、税金の控除が受けられるわけです。

例えば、40,000円分の寄附を行った場合、2,000円を超える部分について税金の控除が受けられるため、控除額は以下のとおりになります。

40,000円△2,000円=38,000円

「それなら寄附をじゃんじゃんしまくればお得!」と思ってしまいますが、残念ながら税金の控除には「控除上限額」があります。

控除上限額は、本人(寄附者)の年収や家族構成、扶養家族等によって変わります。人によって違うため、いくらまでの寄附であれば控除の対象となるのかはきちんと確認をしておく必要があります。

確認の方法については、後ほど紹介します。

地域の特産品(返礼品)が貰える

おそらく、ほとんどの人は「美味しいものが貰える」といったイメージではないでしょうか。

寄附をした地域の特産品を、返礼品として貰うことが出来ます。

寄附を受けた自治体(都道府県・市町村)にとっても、地元の特産品を知ってもらうことは大きなメリットになります。

ふるさと納税の手続き・やり方

ふるさと納税の流れは大まかに以下のとおり。

ふるさと納税の流れ
  1. 控除上限額を確認
  2. 寄附をする
  3. 特産品などの返礼品が届く
  4. 税金控除の申請を行う

控除上限額の確認方法

ふるさと納税の情報を集めたポータルサイトから、控除上限額の確認を行うことが出来ます。

ふるさと納税は、通常12月31日までに行う必要がありますので、年間の給与所得が正確には確定しない状態で行うことになります。ですので、控除上限額は上記のようなシミュレーターで算出された金額よりも少し低めに考えておくのが無難です。

あくまで給与所得者の場合の目安金額になるということです。

寄附をする

自分の控除上限額が分かったら、実際に寄附を行います。

「寄附」と言うと難しそうですが、ふるさと納税の情報を集めたポータルサイトから、「返礼品」を購入するようなイメージです。

返礼品の種類は、黒毛和牛などの精肉・肉加工品から、魚介類・水産加工品、フルーツ・果物。旅行や施設利用券などのチケットまであります。でも食料品が多いかもしれません。

さあ、お腹を空かせながら選びましょう。

ふるさと納税は「楽天市場」が一番お得!楽天カード払いでポイント還元率が3倍にとってもお得な「ふるさと納税」。 返礼品が貰える上に節税効果もあるため、利用しない手はないこの制度ですが、実はもっとお得に利用する...

税金控除の申請方法

税金控除の申請方法は2つのパターンがあります。

確定申告をするパターン

「寄附をしたい自治体が6つを超える場合」または「元々確定申告をする予定のある人」については、確定申告の申告書にて税金控除の申請をします。

返礼品を購入すると、「寄附金受領書」が自治体より送付されるため、それをもって確定申告書の作成・提出を行います。

こちらのパターンの場合、当年分の所得税と翌年分の住民税から控除がされます。

確定申告をしないパターン(ワンストップ特例制度)

「寄附をしたい自治体が5つ以下」または「確定申告をしない人」については、「ワンストップ特例制度」を利用することが出来ます。

いわゆる一般的な会社員・サラリーマンは「給与所得者」にあたりますので、ほとんどの人はこちらで済んでしまいます。

ワンストップ申請書に必要事項を記入するだけですので、いちいち確定申告をする必要がなく、とても楽チンです。

こちらのパターンの場合、全額翌年分の住民税から控除がされます。

ふるさと納税はやらなきゃ損!

毎年の楽しみの一つとなっている「ふるさと納税」。

自己負担額がたったの「2,000円」で、色々な地域の特産品が貰えますし、ちょっとした旅行気分になりますよ。

この制度は知っていてもなかなか踏み出せなかった人は、今年こそ挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ハヤタカ
ハヤタカ
インターネットが大好きな神戸市在住の会社員兼ブロガー。投資・節約やライフハックについてのブログを書いています。モットーは常識を疑うこと。